東急百貨店の大古本市2015にて。

| コメント(0)

R0016877.JPG今日は東急百貨店東横店の大古本市に行きました。

なんだかんだ言ってこのところ毎年行っておりますので、あまり安い本は無いとわかっていますから、一巡りして純粋に自分が読みたいなという本を狙います。

先日文庫で宮本常一「海に生きる人びと」を買ったばかりだったので、宮本常一・川添登編「日本の海洋民」などを買いました。

こけし関連の本もたくさんあったのですが、ものすごく高かったので見るだけにしました。先日本郷で800円で買った本が2,000円で売っていて、やっぱりあれは掘り出し物だったと密かに喜んだり。

かと思えば、中村不折の俳画の木版刷和綴本「不折俳画 下巻」があり、かなり迷いましたが、5,000円だったのであきらめました。相場としてはそれほど高くはなかったのだと思いますが…。

こちらでモノクロで中身をみることができます。実際はもっときれいなのに、スキャンが汚いなぁ…。

近代デジタルライブラリー - 不折俳画

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年8月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こけしの缶詰とハエトリグモのダンス。」です。

次のブログ記事は「吉祥寺サブロでマステスタンド。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。