iPhone 6S:3D Touchでのライブフォトと文字カーソル操作。

| コメント(0)

iPhone 6S、毎日少しずつ新機能を覚えております。機能は写真のライブフォト。今日は文字カーソルの操作です。

ライブフォトとは、アップル曰く…

美しい12メガピクセルの写真を真ん中にして、撮った一瞬の前後の瞬間も動きとサウンドと一緒にとらえる。それがLive Photosです。

要は、写真の前後1秒ずつを記録して、ちょっと動く写真になります。撮影の方法はカメラのLIVEというボタンを押せば良いのですが、どうやったら撮影した写真が動くように見えるのか初めはよくわかりませんでした。調べてみたところ、アルバムで該当する写真を3D Touchで押し込むと動くとのこと。機能は面白いのだけれど、これは直感的にはわからないなぁ。

一方、「iPhone 6S Plusだとキーボードがトラックパッドになる」という話も見聞きして、どういうことかなと思いましたが、Plusだけでなくノーマル6Sでもできました。

3dtouchcursolこれまではiPhoneで文字カーソルを動かすのは、微妙なタッチが必要で難しかったのですが、6Sでは、まず文章をタップして文字カーソルを適当な所に表示させ、次に下のキーボード部分を広く3D Touchで押し込むと、キーボードの文字が消えてトラックパッドのように変わるので、その上で指を動かせば、指の動きにあわせてカーソルが動かせるようになりました。

1文字ずらしたりすることも楽になりましたが、トラックパッド化させるタッチにはコツがいりました。普通にキーボードを押し込んだだけでは、普通の文字入力になってしまいます。複数キーボードにまたがるような範囲を、親指で広範囲に押し込むとしっかり反応しますよ。

ということでiPhone 6Sはまだまだわからないことだらけですが、新機能はすぐには気付かないところに隠れているということを実感しました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年9月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 6S:指紋認証とSiriの起動が速い。iOS 9.0.1のアップデートも始まった。」です。

次のブログ記事は「iPhone 6S:残務整理。iCloud増量。Apple Music継続。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。