コーヒー豆の指だし手袋:やっと左手ゴム編み半分。

| コメント(0)

R0016925.JPGほぼ日Miknitsの編み物キット「コーヒー豆の指だし手袋」、いよいよ編み始めました。

現在左手のゴム編みが半分出来上がったところです。実は出だしでかなりつまづいておりまして、やっとここまで来たのでした。

練習を終えて、数日前にいよいよ編み始めたのですが、最初のゴム編みを5段ぐらい編んだところで、どうも編み方が緩いのではないかと気になってしまい、一度全部ほどいてもう一度やり直すことにしました。

翌日にもう一度作り目からやり直したのですが、夜やっていたためなのか、集中力を欠いて何度も目の数を間違え、1段目を編んでみると間違いに気づいたりすること3〜4回。もう夜も遅くなってしまい、集中力も切れて頭がぼーっとしてきたのでその日はもう寝ることにしました。

さらに次の日、ほどいた毛糸もよれてしまい、仕方なくその部分は切って新たにスタート。何度も作り目の目を数え、慎重に編み始めて2日目の状態がこれです。

糸が細めで、糸の色も濃く、目の数を数えにくいこともあって、のっけから四苦八苦してしまいました。ここまで編んだ状態でも、どうも特に編み始めの編み方が緩いような気もします。緩いことそのものは編み物ですから多少は構わないのですが、とにかく「編み物キット」のため、後で糸が足りなくなるのを一番恐れております。これは計算外でした。やはり私にとってはいつも「ゴム編み」がネックだなぁ。

段数もすぐにわからなくなってしまうため、かなり昔に使っていた編棒に付けるカウンターも引っ張り出してきました。

まずは、仕上がりの出来はもう諦めて、とにかくゴム編み突破を目指します。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年10月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OS X El Capitaのライブ変換とユーザー辞書。」です。

次のブログ記事は「コーヒー豆の指だし手袋:ゴム編み打ち止め。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。