コーヒー豆の指だし手袋:ゴム編み打ち止め。

| コメント(0)

R0016927.JPG編み物を始めると、他のことがあまりできなくなります。今日もついつい熱中してしまいました…が、今日もすんなりいきません。

やはりゴム編みはゆるかったなと思いながら、ゴム編みの上の編み込み模様も2段ほど編んだのですが、どうもテンションのかけ具合も気にくわず2度ほどきました。

編み込みは楽しいのですが、目を使いすぎて気持ち悪くなってきたので、編み込みの手前で終了。

ゴム編み部分も、くみこさん(母)の助言もあり、設計図より2段ほど減らしました。それでも設計図よりは長めになりました。緩いからです。

編み込み部分は糸を渡すので逆にきつめになりますから、逆にきつくなりすぎないように気をつけなくてはいけないのですが、一番上と指でまたゴム編みがあるので、その時は少しきつめに編む必要がありそうです。ゴム編みは難しいなぁ。

しかしこれからは楽しい編み込み模様部分なので、楽しんでやりますぞ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年10月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーヒー豆の指だし手袋:やっと左手ゴム編み半分。」です。

次のブログ記事は「iMacファミリーのリニューアル。キーボードもマウスもトラックパッドも!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。