本日の古本散歩:豊川堂さんは、やはり東京本が充実。

| コメント(0)

うちから歩いて来れるぐらいの距離だった。 豊川堂。今日は急に思い立って、下高井戸の古書店「豊川堂」まで散歩することにしました。運動も兼ねてと思ったのですが、古本の本を3冊も続けざまに読んだせいだと思います。

豊川堂にはずいぶん前に1度行ったことがあるだけなので、かなり久しぶりです。Google Mapで調べると、うちから30分ぐらいで歩いて行けそうだったのでiPhoneのGoogle Mapに案内してもらいながら歩き出しました。

途中で東松原の「瀧堂」さんの前も通りかかりましたが、まだ先があるからと店内は見たものの何も買わずに先に。寄り道しなければ、下高井戸まで30分かかりませんでした。な〜んだ意外と近かった。

豊川堂さんは、以前と変わりない佇まい。思い返すと前に来た時も東京に関連した文庫本を2〜3冊買ったはずですが、今回も結局東京本ばかり2冊。

商店街の魚屋さんでちょっと夕飯用の買い物をし、今度は世田谷線に乗って山下(=豪徳寺)へ。

ここでも、古本の本に影響されて「靖文堂」へ。お店番のおばさんが帳場でテレビを見ており、ここで水木先生が亡くなったことを知りました。なんと…。そしてお店の中を一回り。茶色い文庫本のつまった棚は、いつも私にはハイレベルすぎて手が出ませんが、それでもちょっと古めの本を4冊。

玄華堂には寄らないつもりだったけれど、100均で気になる本があって1冊。しかし生魚を持ったままなので、さすがにもう帰らないと…。

道々、最近人気沸騰のベーカリーカフェuneclef (ユヌクレ)でバンを買いましたが、ここのパンはちょっとお値段高めなので、今日買った古本の合計額よりも、ここのお会計の方が高かった…。

モンキチョウ!?そして帰り道、もう12月になるというのにキチョウが飛んでいました。緑道を追いかけながら歩いていたら、ちょうど陽だまりで止まったので這いつくばっiPhoneでパチリ。


https://farm6.staticflickr.com/5647/23045838039_460172fe2c_m.jpg羽根木公園のイチョウ並木、まだ緑が残っていて、真っ黄色とまではいかず。でも楽しい散歩になりました。


本日の主な釣果本日の釣果。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年11月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユッシ エーズラ・オールスン「特捜部Q―吊された少女―」はシリーズ第6弾600ページ。」です。

次のブログ記事は「(PRODUCT)REDにiPhoneのLeather Case登場。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。