歩きすぎました…ビルケンシュトックのインソールで養生中。

| コメント(0)

このところ、古本散歩と称して調子よく歩いていたのですが、今週初めに急に右足の裏が痛くなってしまいました。それもさっきまで平気だったのに突然という感じ。足の人さし指の付け根の盛り上がった部分あたりです。

ネットであれこれ調べてみると、要は「足のトラブル」ということで、最近の歩きすぎ(先週は仕事で15,000歩×2日・通常は10,000歩/日)やら、私の歩き方の悪さやら、扁平足気味なのもダメだし、合わない靴を履いていたのかもなどなど、原因もいろいろありそうです。

で、歩くたびに痛いので、なんとかしたい。この手のトラブルには安静(無理?)と足のアーチを矯正するインソールが良いらしいので、1年ぐらい前に買って長靴に入れて使っていたビルケンシュトックのインソールを引っ張り出して、ウォーキングシューズに入れて使い始めました。

土踏まずのアーチががっちり効くインソールですが、踵から土踏まずぐらいまでのサイズのため、踵にはめて履くようなイメージです。ですので、靴ひもをしっかり結んで着用。心もち、痛いほうの右足は足先の締めを緩めにしております。

この2日はこの状態で勤務。痛みはほとんどなくなりました。ただ、妙に痛みをかばって変な歩き方になってしまい、足の筋のあちこちが筋肉痛です。トータルで歩くバランスが崩れてしまっている感じがします。

そんな状態で再び15,000歩×2日の勤務がやっと終了。さすがに2日目が終わる頃には、足の裏がジンジンしてきました。全く安静にならないという状況でしたが、次の休みはあまり出歩かずに足を安静にするべく、少しゆっくりしたいと思います。

はたして「正しい歩き方」ってどんなのでしょうね。ちょっと調べてみますか。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年12月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「禿山さん(32):アララギ第5巻第2号(1)」です。

次のブログ記事は「本日は敬愛する小津安二郎監督の誕生日&命日です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。