R.I.P. David Bowieと私。

| コメント(0)
本日、David Bowieが亡くなりました。私は学生の頃はかなりのファンでした。

先日、誕生日にリリースされたという新譜が新聞の一面広告で出ていたので、久しぶりにちょっと気になっていたところでした。驚きました。

ファンになったのは、 Let's Danceで久しぶりにヒットを飛ばした頃で、横浜アリーナだったかでコンサートにも行きました。でも、席が悪く、はるか遠くにしか見えなかったので、実物を見た実感があまりありませんでした。

その後は、それ以前の過去のアルバムを聴きあさりました。一番好きなアルバムは「Hunky Dory」です。そして私が苦手なギターに挑戦したのも、Ziggy Stardustを弾きたかったからでした。結局うまくならなくて挫折しましたが。Ziggy Stardustも良いアルバムでした。ジャケットは大好きです。LPもどこかにあるはず。もちろんCDで買い直しました。

「戦場のメリークリスマス」で日本の映画に出演した時は、すっかり舞い上がり、ドキドキしながら映画を見た覚えがあります。話の筋よりとにかくBowieでした。

しかし、あくまでLet's Dance以前のアルバムが好きでした。なので、結局Let's Dance以降のアルバムはほとんど聴くことはなく、現在に至っています。

これから棚の奥にあるBowieのCDを引っ張りだそうと思います。こんな事でした聴き直さないなんて、本当のファンとは言えません。ここのところは私の中ではすっかり過去の人になっていました。でも彼の昔のアルバムは、青春の1ページとして大切な思い出でもあります。心からご冥福をお祈りいたします。

あ、そうだった。Apple Musicでも聴き放題だった…。でもここはLPで聴き直したいところではありますね。レコードプレーヤー、やっぱり欲しいなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年1月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Superfeetのインソール、良さそうなので引き続き使用中。」です。

次のブログ記事は「禿山さん(34):アララギ第5巻第3号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。