FBIはAppleに単純にiPhoneのロックを外せと言ってきたわけでは無いようだ。

| コメント(0)

Appleが、iPhoneのパスワードロックを外せというFBIからの要請による司法省命令に従わないというニュース。それだけ聞いていると、裁判所の命令にも従わないのかよ…といった受け止めになりがちですが、よくよく聞くと、ロックを外すためのツールを作れと言われているということだったのですね。

アップル VS. FBI。これは全スマートフォンユーザーに関係する戦いである : ギズモード・ジャパン
iPhoneロック解除問題でグーグルがアップル支持。Twitter、Facebookも続く : ギズモード・ジャパン
「アップルに命令を」米司法省がロック解除求め再要請 NHKニュース

問題のiPhoneだけAppleに提出してもらえば、ロックを解除するぐらいだったやってくれたでしょうが、そうすると捜査情報がAppleに漏れるので、道具だけ渡せという要求だったということなのでしょう。どんなiPhoneのセキュリティロックも外せるという、そんな魔法の杖みたいなものを渡すのは、相手がFBIでもそう簡単にはOKできないのもわかります。

ちょっと悪用しようと考える人がFBIの中にも出てこないとは限らないし、ハックされて盗み出されることもあるかもしれないし。これが原因でセキュリティーに問題が出た時の代償を考えると、慎重にならざるをえないわけです。今やApple Payなど決済機能も付いていて、ロックの解除は金銭被害にも直結しますしね。FBIでもハックできないセキュリティーの高さは、Appleのセールスポイントでもあり、生命線と言っても良いのではないでしょうか。

テレビのニュースだけなんとなく聞いていると、FBIの命令に従わないなんて…と単純に思ってしまいがちですが、よくよく聞けばそれなりの理由があるというお話でした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年2月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画?「シャーロック 忌まわしき花嫁」:でもテレビスペシャルを映画だなんて…」です。

次のブログ記事は「3000円のiTunesカードを買って500円分のコードがもらえるキャンペーン、ローソンは明日22日まで!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。