七人の侍」と「生きる」が最高画質4K化、劇場公開が決まったそうです!

| コメント(0)

黒澤明の「七人の侍」(1954年)と「生きる」(1952年)、4K化すべく修復が行われ、劇場公開が決まったそうです。しかもそれは東宝ではなく東映のスタジオで作業された模様です。

「七人の侍」と「生きる」が“最高画質”目指し4Kレストア。最新の修復現場に潜入 - AV Watch

映像の修復技術に加えて、音声はトラックを撮影してデジタル化したのだとか。特に七人の侍は、TVなどで見てしまうとよりいっそう音声が不鮮明で、よく聞き取れないようなシーンもありましたから、2作品とも好きな映画ですので、どのように新しくなるのか楽しみです。もうしっかり観るつもりになっていますね。

こちらは現行のDVD版。安くなりました。きっと4K版なるものも発売されるでしょうねぇ。いわゆるデジタルリマスター版ですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年2月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3000円のiTunesカードを買って500円分のコードがもらえるキャンペーン、ローソンは明日22日まで!」です。

次のブログ記事は「本日の伊東屋:鉛筆三昧。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。