3月21日のApple Special Eventを観て。

| コメント(0)

3月21日に行われたアップルのスペシャルイベント。当日のストリーミング配信を見終わりました。Apple TV(旧タイプ)で視聴。ハイビジョンのTVでアップルイベントが見られるようになり、本当に良い時代になりました。

びっくりの内容は無かったですし、個人的に期待していたものも出ていないということもあって、まあこんなものなのかなというのが正直なところですが、世の中的には思いの外iPhone 5seが話題。本格的に廉価版を投入し、格安スマホに対抗という書かれ方でした。

9.7インチのiPad Pro、Apple Pencilは使ってみたいですが、私の使い方では即買い替える程のインパクトではなさそうでした。

iPhone 5seはカメラが出っ張っていないところが一番魅力的ですが、私の嫌いなDラインは消えませんでしたから問題外。ただ、お値段的にiPhone入門機としては良いですね。

Apple Watchは1年サイクルで新製品を出すのではなく、値下げで普及を目指すということで、純正の着せ替えバンドのバリエーションが増えて、iPhoneケースのように、着せ替えをしたくさせる罠が待っています。私もバンドを追加購入したわけですが、その後イロイロありまして、それについてはまた後日。でもApple Watch、もう私の生活には欠かせなくなっておりますよ。

新しい「ウーブンナイロン」のバンドは日本製。まだ実物は見ていませんが、着物の帯を思わせますね。織物ですから通気性も良さそうです。

林信行が見るApple発表イベント(2):ハード的変化のないApple Watchが今、日本で注目なワケ - ITmedia PC USER
“ウェアラブル”の今:Apple Watch Sportの値下げと日本製のナイロンバンドから見えてくること - ITmedia ヘルスケア

今回のアップルイベントは、新製品がどうこうと言うよりも、会社としての取り組みのアピールに重きを置いていたようにも思います。押しも押されぬ大企業になったけれど、今後はこのような取り組みでアップルらしさを維持していくつもりなんだろうな…と感じるスペシャルイベントでございました。

林信行が見るApple発表イベント:Appleが示した3つの重要なイニシアチブ - ITmedia PC USER

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年3月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これは気になる!超薄型MacBookが6月〜7月に登場か?」です。

次のブログ記事は「待ちに待った、大瀧詠一「DEBUT AGAIN」これは大瀧さんの計画通りのアルバムでは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。