クレールフォンテーヌのノートなど。

| コメント(0)

Stationary 20160507
久しぶりに買った輸入文具。

clairefontaine(クレールフォンテーヌ)のKOVER BOOK(表裏の表紙の内側にクリアファイルがついている)は透明カラー表紙の方眼ノート。小さなノートは1951年の復刻糸綴じノート。

一番下のピンクの鉛筆は、蛍光色鉛筆。色鉛筆なので裏写りしません。個人的に「裏写り」がキライなので全色買いたいぐらいでしたが、そんなに蛍光ペンでチェックするような仕事でもないので、迷って職場用にピンクを1本だけ。でも自宅用にも1本買えばよかった…。それはまた次にどこかで見かけた時にでも。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年5月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2016年のチューリップ便り。」です。

次のブログ記事は「(テスト)今日の古本、そして石巻一箱古本市の日程決定。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。