本日の四字熟語「汗牛充棟」は蔵書が多いことの例え。

| コメント(0)

今日の四字熟語。我が家はお手洗いに四字熟語の日めくりを下げているのですが、本日の四字熟語は「汗牛充棟」(かんぎゅうじゅうとう)。蔵書がとても多いことの例えだそうです。初めて知りました。

本がとても多いので、牛車に積んで運ぶと牛が汗をかき、家の中に積み上げると棟までつかえてしまうぐらいだという意味なのだとか。うちはそこまでは行きませんが少し苦笑い。

汗牛充棟の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

出典元の書物を書いた柳宗元という人は中唐の人で、西暦773年から819年まで生きたとのことですから、もう1,200年前から、家が本だらけの人がいたということですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年5月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(テスト)今日の古本、そして石巻一箱古本市の日程決定。」です。

次のブログ記事は「一昨日はNEC「PC-8001」の誕生日でしたか。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。