探求本入手:園山俊二「ギャートルズ 肉の巻」表紙も肉厚。

| コメント(0)

ギャートルズ 肉の巻。発売当時、欲しいなと思ったのだけれど、少しお高い値段でしたのでスルーしていましたが、後から欲しいと思った時はすでに新刊で見つからなかったのがこちら。園山俊二「ギャートルズ1肉の巻」。私の探求本でした。ネットオフのお知らせメールに登録していたところ、1年以上経過してやっとお知らせが!

古本の状態がわからないので多少不安もありましたが、まあまあの状態でホッとしました。なにしろ祖父江慎さんの非常に凝った装丁がステキです!

ギャートルズ肉の巻。表紙はなんと5mmはあるという肉厚なもの。マンモスの肉並みですな。

肉の巻は、主に肉にまつわるエピソードを集めているそうで、いわゆるよりぬきギャートルズとなっております。他に「恋の巻」と「無常の巻」アリ。



コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年5月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アゲハ日記:今朝は10頭、終齢は3頭に。」です。

次のブログ記事は「探求本入手:黒岩比佐子「伝書鳩―もうひとつのIT」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。