かがくのとも2016年8月号「ハエトリグモ」あまりの素晴らしさに感激しています。

| コメント(0)

かがくのとも「ハエトリグモ」福音館書店の月刊「かがくのとも」、現在発売中の2016年8月号は、なんと「ハエトリグモ」。

クモの中でもハエトリグモは特に好きなので、すぐに確実に入手できると思われる銀座の教文館でゲットしてきました。もう表紙を拝見しただけでおおおっとノックアウトされました。

文はハエトリグモを研究されている池田博明(いけだひろよし)先生。絵は昆虫好きの絵本作家、秋山あゆ子さんです。

かがくのとも「ハエトリグモ」一番初めは、台所のテーブルの上から始まりますが、なんとテーブルの上にはこけしの楊枝入れが!これはきっと秋山さんのセンスですね。お茶碗たちも可愛いです。そしてハエトリグモ〜。アダンソンハエトリです。実は私、このハエトリグモをこれまでずっと「アンダーソンハエトリ」だと思っていました。ごめんなさい。アダンソンさん。


かがくのとも「ハエトリグモ」そして詳細に描かれたハエトリグモさんたちの絵とにかく素晴らしい!クリクリした輝く8つの目玉も
素敵ですし、毛の1本1本までしっかり描かれていてびっくりしました。


かがくのとも「ハエトリグモ」ハエトリグモの行動の紹介、身近でよく見られるハエトリグモのイロイロ、ネコハエトリの一生など、5・6才向けにしておくのはもったいないほどの素晴らしい内容です。


かがくのとも「ハエトリグモ」こちらは冬にコグモが巣を作って冬越ししている絵です。カワイイなぁ。自宅でもハエトリグモはよく出てきますが、職場でもデスクの周りに時折出現します。もうぴょんぴょん出てきただけで嬉しいんですよねぇ。

クモが嫌いな方でも、ハエトリグモだったら好きになってもらえるんじゃないかなぁ。


これでお値段420円!絵本をたくさん置いている書店でないと、在庫はないかもしれませんが、皆様是非お近くの書店で取り寄せてもらってください。今年1番のオススメですっ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年7月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple Watch:猛暑につきミラネーゼループに回帰中。」です。

次のブログ記事は「祝ウルトラマン50乱入LIVE!怪獣大感謝祭:NHKでウルトラマン最終回を観ています。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。