石巻一箱古本市2016:くものす洞の一日。

| コメント(0)

石巻定点観測2016年7月
今回も仕事を終えてから前ノリして実家に一泊。7月23日朝は6時半前に起き、くみこさんといつものテレビ体操。近所の偵察に出かけましたが、空は思いのほか晴れております。

実家近くのいつもの土手からはもう海は全く見えず、6階建ての復興住宅建設中でございます。

実家からは、廃棄寸前だった「月刊宝島」と「ぱふ」「ふゅーじょんぷろだくと」などをキャリーカートで持ち込んで、石巻立町復興ふれあい商店街でお店開きです。

この場所では8軒出るのですが、場所取りじゃんけんで見事ビリになり、最後に残ったパナックけいていさん前で出店となりました。昨年は寿町のけいていさんの前で出店しましたから、この場所で出店が決まった時点でなんとなくそうなるような予感がしておりました。ちょっと奥まってはいますが、正直言って全然嫌じゃなかったです。

けいていさん前の休憩スペースで店開き。もちろんお隣は大家さん(?)のパナけいブックさん。「パナけい」というのはパナックけいていの略でして、さらに言いますと社名は㈱佐藤兄弟商会。石巻で一番古い電気店さんです。「兄弟」と書いて「けいてい」と読むのです。

パナックけいていさんのところで出店します!私は、春の不忍の時から使っている一箱ピッタリサイズのリメイクダンボールボックスを今回も使用。持ち込んだ雑誌を並べて開店です。まず最初は、ご常連となりつつある駄々猫さんに、早速宝島をお買い上げいただきました。ありがとうございます!


おとなりのけいていさんの棚。パナけいブックさんは掘りごたつの木枠で作ったお手製の本棚。面陳用の仕掛けもあってステキです。しかも中身も食べ物・紀行・鉄道などがテーマになっています。

私はその中でも異彩を放っていた「宮城の地学」がどうしても気になってしまい、開始早々に買わせていただきました。なるほど宝文堂さんの出版でしたか。これ、非常にウレシイ。実は宮城の地学の本はこれで3冊目。やったぜ!


そのあとお昼まではお客様はボチボチ。知人からお昼を差し入れしていただいたり、同級生とわかった商店街のお菓子屋さんから差し入れしていただいたり。屋根もあって不思議と涼しい風も吹き抜けるので、時々スタンプラリーのスタンプ押しのお手伝いをしながらのんびり店番しておりました。

読み聞かせをしているという年配の女性グループが、去年から売れ残っていた未來社みちのく民話の本が売れましたし、いつも女性(おば様達)が多いので、意識して少し入れた植物や料理本などもよく売れました。
石巻一箱古本市にて。
印象に残ったのは、けいていさんのお知り合いが、学生の頃に樹氷を研究されていたということで「樹氷」をお買い上げ。これは持ってなきゃいかんよなぁと喜んでおられて、こちらも嬉しくなりました。自分で読んだ本を読ん売っていると話したところ、来年は出ようかな…とも。ぜひぜひ出店して下さい!

古雑誌はどうなることかと思ったけれど、パンク好きのお兄ちゃんが喜んでジョン・ライドン号などを買ってくれたり、レインボーさんが、「ぱふ」などの古き漫画雑誌をまとめて買って(仕入?)て下さったりしたおかげで半分とはいかないけれど、5分の2位は無くなったかな。1冊は「坂口靖子」の好きな方の手に渡りましたしね。

いつもなら合間に一回りしたりするのですが、今年はほとんど出歩かずに、結局最後まで仮設商店街からは外に出ませんでした。

客層としては毎年恒例の石井ゆかりさん目当ての若い女子、やはり年配おばさま方などが目立ったでしょうか。ポケモンGO的な通りすぎるだけの歩きスマホの若者もチラホラ。ちなみに、石巻は過去にイングレスのイベントが行われたせいか、旧市街地にはポイント多し。ぜひ街歩きして下さい。実家では居間で1晩に7匹ゲットできました。むう。

お隣のけいていさんの箱もテーマがバッチリ決まっていてカッコよく、本のこと、本の仕入のヒミツ、石巻のことなど色々お話できて楽しかったです。けいていさん、年々古本力が上がっているのではないでしょうか?寿町のお店復活の折には、店に本棚も作りたいとのことでしたので今から楽しみです。

個人的にオススメのアジア納豆と猟師食堂は、最後は売れ残るかと思いましたが、残り30分で駆け込みで旅立って行きました。ヨカッタ!

今年は、古雑誌で冊数を稼いだため、売れ冊数だけは多くなりました。帰宅後に改めて計算してみましたところ47冊で10,250円でした。

お土産にけいていさんの隣の戸田海産物店さんで新小女子を確保し、今回は表彰式などはパスして早めに帰ってきました。

プチずんだ!仙台では新幹線の改札前「喜久水庵」で、楽しみにしていたプチずんだ(ずんだとクリームの相性抜群!)を食べ、新幹線の車内では少し小ぶりな新みやぎ三陸黄金街道弁当も食べ、道中も大満足で帰宅しました。


直前の仕事がちょっとキツかったので、体力的にはまだ疲れはありますが、気分は大いにリフレッシュできました。おかげさまで、今日は行く前より元気になって働けました。

関係者の皆様ありがとうございました。ホント、今年も楽しかったです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年7月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月23日は石巻一箱古本市。」です。

次のブログ記事は「AppleのQ3決算発表、そしてiPhone 6SEだなんて…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。