世田谷代田「ものこと祭り」にかけ足で行ってみた。

| コメント(0)

代田ものこと祭り。5年前から始まった、地元の世田谷代田「ものこと祭り」。行ってみたいなと思いつつ、日曜日なので行けなかったのですが、本日は少し時間が取れたので駆け足て巡ってきました。

第5回 ものこと祭り - 世田谷代田の1日ものづくりイベント | 「ありがとう。」でつなごう。

下北沢の隣の駅で、環七にはガンガン車は通っているものの、お店はどんどん無くなっていく(私が引っ越してきた時は、本屋さんも2軒もあったし…)ような状況でしたが、ここ数年で空き店舗にお若い方がポツポツとお店を始めたりして、少しずつ街が変わってきました。そんなお若い方たちが、世田谷代田を盛り上げようと始めたイベントのようでございます。

メイン会場は、地元の代田八幡神社。子供達のオーケストラや太鼓の演奏、ダンス、屋台、そして神社の社務所内にはフードコートまでできています。その他、かつて商店街だった道には、手作りの小物のお店などが出店として並んでいました。まさにお祭り。

ここでつい古本2冊。あまりお買い物をするヒマはなかったけれど、いつも通り過ぎるだけだった新しいお店に入ってみたりしました。お買い物は、代田ボランティアビューローの古本市で2冊。


代田ボランティアビューローの100均にて。 #古本ここはいつもダンボール1箱程度の古本(主に少し日に焼けた文庫本)が1冊100円でいつも置いてあるのですが、今日はそれば4箱になっており、三月書房の状態の良い小型本があったので、あら、いいのかしらと思いつつ確保しました。


そのあとは、歩いて羽根木公園を抜け、みちみち古書瀧堂さんの100均一で、ついつい村松友視「黒い花びら」の単行本を買ってしまったりして、職場へと向かったのでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年8月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほぼ日手帳 2017の全ラインナップ発表!私は来年は中身だけかな。」です。

次のブログ記事は「台風が来るとどうも頭痛がする。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。