板橋区立美術館「よりぬき長谷川町子展」復刻手ぬぐい欲しさに…。

| コメント(0)

観に来た。新聞で見かけた美術展限定のサザエさんの手ぬぐいにやられてしまい、板橋区立美術館「よりぬき長谷川町子展」に行ってきました。

朝日新聞社 - 「サザエさん生誕70年記念 よりぬき長谷川町子展」- 展覧会について

池袋から東上線に乗り、成増駅からバスで美術館に向かいます。どうも右手の方が高台になっているなと思い、バスの車内でアプリ「スーパー地形」でチェックしてみますと、ちょうど丘陵のヘリに沿った道を抜けています。到着した美術館のある場所は、その丘陵の渓谷(昔川が流れていたと思われる谷)にありました。高低差バッチリの場所ですな。

美術館の入り口では、顔出しパネルとともに、大きなサザエさんのマンガの門が出迎えてくれました。

よりぬき長谷川町子展展示は、後半はサザエさんのよりぬき原画100点が並んでいますが、前半ではそれ以外の長谷川町子さんの様々な仕事を見ることができました

挿絵や絵本、もちろん漫画など、思っていたより幅広くお仕事をされていたのですね。昔の小学○年生のような学年雑誌(小学館提供の資料もたくさんアリ)や、戦時中らしい子供向けのお話など、古い雑誌がたくさん並んでおり、古書的な目でみても面白い展示でした。

みなさん熱心にご覧になっていました。つい漫画を読んでしまいますからね。ただ、生原稿がとても小さく「老眼鏡してくるんだった」と行っているご夫婦もいらっしゃいました。小さな字が見づらい方は、眼鏡必須です。

よりぬき長谷川町子展会場を出ますとお待ちかねのグッズコーナー。手ぬぐいは2種類ありましたが、格子柄の方にしました。長谷川町子さんご本人によるデザインだそうです。


よりぬき長谷川町子展広げるとこんな感じ。テントウムシやカマキリがいるところが気に入りました!


よりぬき長谷川町子展他には、シールや活版絵葉書などを購入。活版絵葉書は風合いがいい感じ。宛先をかく表に4コマ漫画、裏が1コマの図柄になっています。


帰りは近くの赤塚公園まで歩き、公園内でワンリキー(ポケモン)をいくつかゲットして高島平駅まで歩いて帰りました。赤塚公園では、日曜日ということもあり、若者だけでなく親子や一家でポケモン探しに来ている方たちをたくさん見かけました。自転車でひたすら公園内を周回してポケモン探しをしている人も。都心と違ってそれほど混雑しているというわけでもないので、なんだかのんびりした感じがしました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年9月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple Watch Series 2:見た目はほとんど変わらないがスピードアップ!」です。

次のブログ記事は「iPhone 6SとApple Watchを売却してきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。