Apple Pay:サービス開始!まずは色々登録してみた。

| コメント(0)

Fullsizeoutput 654本日は、待ちに待ったApple Payのサービス開始の日であります。

朝起きてまずはiOS 10.1にアップデート。続けてWatch OSも3.1にアップデート。さっそくApple Pay関連の登録をしてみました。

朝の出だしに遅れたため、Twitterを眺めてみましたら、すでにアップデートされた方達の声がポツポツと入ってきました。どうやらこのApple Payのサービス開始に伴って多くの人がSuicaの登録にトライしたため、モバイルSuicaのシステムに障害が出ているようでした。

iOS 10.1にアップデートしますと、早速Apple Payの登録画面が登場。Suicaという名称が一番先に出てきます。これJR東日本としてみてもすごいことですね。全てのiPhone 7ユーザーにSuicaがアピールできますよね。

私はと言いますと、定期券は私鉄のPasmoのため、SuicaカードはVIEWカードにくっついているものしか持っていませんでした。こうやってPasmoユーザーも なんだかんだ言ってSuicaを使うことになる…という仕組みです。

さて、試しに初期画面からVIEWカードのSuica登録にトライしてみましたが、やはりこのカードは対象外とのこと。方針を変換して、本日登場のSuicaアプリ(類似アプリがいろいろありますがズバリ「Suica」というタイトルのもの)をダウンロードし、アプリからまずモバイルSuicaの登録に進みました。

記名式のSuicaにしましたので、新規登録画面から個人情報を入力すると、すぐにモバイルSuica発行。Suicaに名前をつけることができまして、複数登録して仕事用と使い分けたりできるようになっていました。

Fullsizeoutput 655Suicaの場合は、1つのデバイスにしか登録できないため、今回はApple Watchへ登録。そしてくだんのVIEWカードでオートチャージできるように設定しようとしたのですが、モバイルSuica側の障害で登録できず。これは1時間ほど後に再トライしてうまくいきました。ちなみに、Suicaにオートチャージの設定ができるのは、VIEWカードのみとなります。そしてSuicaは自動的に「エクスプレスカード」(Watchをかざすだけで作動)に設定されました。


Fullsizeoutput 65b登録が済みますと、Apple Watchからも通知が。


以上、Suicaアプリ起点で設定できました。非常に簡単でした。朝の時点で実物のSuicaカードをiPhoneに移行させようとすると、モバイルSuicaの障害でなかなか登録できなかったそうですが、新規登録の場合は、オートチャージの設定以外は問題なく登録できました。

手持ちのカードを登録する方法はこちらで…
Apple Pay提供開始!iPhone 7に手持ちのSuicaカードを登録する方法 - Engadget Japanese

面倒だったのがWalletアプリへのクレジットカードの登録です。私は、先ほどのVIEWカード(VISA付き)と楽天カード(MasterCard付き)の2枚を登録してみました。

VISAカードはApple Payに対応しないとのことですが、VISAが付いていてもVIEWカードのように会社として対応しているカードは問題ないとのこと。楽天カードは、直前にApple Pay対応を発表しています。

Fullsizeoutput 664どちらもカードの登録は指示に従って進めば良いので簡単に進んでいきました。どちらのカードも、登録が終わるとこのカードでQuickPayが使えるようになります…との表示が出ました。楽天カードにはEdyが付いているのですが、それでもQuickPayになるようです。QuickPayを使うためには、QuickPayのマークがついているカードでないとダメなのかなと思っていたので嬉しい誤算です。楽天カードでQuickPayとは。

ちなみにこちらはiPhoneのWalletから楽天カードを選んで支払いをする時の画面です。実際のカードにはEdyのマークがついていますが、Wallet城はQuickPayのマークがついています。


しかし、カードを登録しただけではWalletでの支払いはできません。最後に電話による認証が必要になります。これは人力です。表示される電話番号に電話をかけ、オペレーターを介して個人情報を確認されます。どうやらApple Pay専用ダイアルだったりするようですが、混雑しているようで多少待たされます。楽天カードの方は認証に10分ほどかかるとのこと。VIEWカードの方は、電話でやりとりしている間にすぐに認証されました。

(追記:カード会社に携帯電話の番号を登録していれば、電話ではなくSMSによる認証が利用できます。私はこの後に登録しました。)

クレジットカードは、複数デバイスに登録可能とのことで、Apple WatchにはVIEWカードを、iPhone 7には楽天カードとVIEWカードの2枚を登録しました。2つのデバイスに登録する場合は、iPhoneとApple Watchそれぞれにカードの登録をした上で、1本の電話でOKでした。楽天カードはEdyカードとして使っていたのですが、Edy利用率が激減しそうな予感もします。

ということでまずはここまで。これから使ってみますね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年10月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スタートレックのブリッジを再現するVRゲームが来年2017年3月発売。」です。

次のブログ記事は「Apple Pay:支払いにはApple Watchが断然便利ですっ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。