小幡 貴一「不死蝶 岸田森」

| コメント(0)
吉祥寺のBooksルーエにて購入。単行本の文庫化。1982年に亡くなられた岸田森さんの本で、単行本未収録のご本人によるエッセイや、出演作品の資料、スナップなどが追加されているそうです。

もう今やかなり前に亡くなられているので、お若い方にはさっぱり…かもしれません。私の中では「帰ってきたウルトラマン」に出てきた頭のいい人…というイメージでありますが、怪優という表現がぴったりな俳優さんの1人です。

岸田森さんの周囲にいた多くの方々のインタビューを中心にまとめられていますが、岸田さんが書いた、帰ってきたウルトラマンの中のエピソードの脚本まで収録されています。いろんなエピソードを読めば読むほど魅力的。ダンティなイメージもあるし、ちょっと怖い役のイメージもあるし…不思議な俳優さんでした。

何しろチョウを集めるのが子供の頃からの趣味なのだそうです。どこかでチラっと聞いたことがあったような気もしますが、これほど熱心とは知りませんでした。ちょっと想像できないようで、妙に納得もしてしまうような岸田さんという個性がまたステキ。本のタイトルが「不死蝶」なのも、そこから来ているようです。チョウ屋さんのお仲間の話もあります。

もう少しお酒を控えてくれれば、もっと長生きしてステキな演技を見せてくれたかも、演出とか監督をしていても全然おかしくなかったなぁ…とついつい考えてしまいます。ほんと、だいたいそういう方たちは早くに亡くなられるんですよねぇ。

ファンだった方は、すでに単行本当時に読んでいらっしゃることと思いますので、今回の文庫化を機に、ファンでない方(私も特段のファンというわけでもありませんでした)にも、岸田森さんを知らない方にも読んでいただきたいと思いました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年11月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「表参道のApple Storeで新しいMacBook Proを見てきた。」です。

次のブログ記事は「15年以上履いたDannerのブーツ。ソールの修理をしました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。