本の雑誌403号2017年1月号:ランキングに弱いのだ。

| コメント(0)
この時期は必ず買う「本の雑誌」。今年のベスト10企画があるからなのだ。そして今回は夏葉社の島田さんの文「本屋さんしか行きたいところがない」もある。

特にミステリーファンではないのだけれど、この時期のランキング本で上位に入っているミステリー作品を1冊読むことにしているのだが、今年の「このミス」1位の本(熊と踊れのこと)にピンと来なかったので、ここから何か選ぶつもり。

逆に、今年私が読んだ本はあまり出て来なかった。「漂うままに島に着き」ぐらいか。

結局読みたいなと思ったのは、小説ではなかったりするのである…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年12月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リバーシブルのバッグ…いいなぁ。「HENRY CUIR meets mina perhonen 」 DOUBLE FACE」です。

次のブログ記事は「ちくま文庫「月刊佐藤純子」:かなりの増補ですぞ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。