ちくま文庫「月刊佐藤純子」:かなりの増補ですぞ!

| コメント(0)

月刊佐藤純子
ちくま文庫の月刊佐藤純子、文庫になると聞いて、楽しみに待っておりました。

仙台文庫版を久しぶりに引っ張り出してみましたら、少しだけ日の差す棚に並べていたので、ちょっと黄ばんでしまっていました。今はなきジュンク堂仙台ロフト店で買ったので、おまけの「月刊佐藤純子」も付いていたんだっけ…

新作(?)が大幅追加されていて、仙台文庫版の倍ぐらいのボリュームになっていました。仙台文庫版を持っていても買って損なし!ほのぼのしたイラストマンガにホッとさせられます。

元書店員さんですから、本にまつわる話もたくさんあって、本好きですとなおさら楽しい。巻末には仙台在住の作家、伊坂幸太郎さんとの対談もありますよ。

佐藤さん、漫画家を目指していたわけでも、特にイラストなどを勉強されいた訳でもなかったそうです。確かに最初はコマに手作り感があふれていましたが、最近のものはすっかりプロになってきた感があります。

イラストレーターとして、今後のご活躍を楽しみにしておりま〜す。

div class="booklink-box" style="text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;/zoom: 1;overflow: hidden;">

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年12月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本の雑誌403号2017年1月号:ランキングに弱いのだ。」です。

次のブログ記事は「Apple Watch 2:あぁ〜また修理行きにしてしまった…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。