初めて「メルカリ」で売ってみた。

| コメント(0)

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
カテゴリ: ショッピング, ライフスタイル


ずいぶん前に、口紅の色番号を間違えて買ってしまい、派手なレッドだったのでパッケージも開けずに放置していました。

ちょっと流行りのメルカリで売るにはちょうどいいかなと、出品してみることに。

メルカリ。まずはApp Storeからダウンロード(無料)し、ユーザー登録はFaceBookのアカウントを使うとすぐに使えるようになりました。

ホーム画面からひとしきりどんなものが出ているかチェックした後、さっそく出品。出品ボタンを押し、商品画像はiPhoneで撮影し、所定の事項を入力すれば完了です。確かに手軽に出せますね。

あとは待つだけですが、コスメ物ということもあり、出品して5〜6時間後に売れました。本日は発送を完了して、先方に届くのを待っているところ。あとはお互いに評価をして、代金を振り込んでもらう手続きに進むそうです。


初回は振込口座の指定して、以降は振込申請をすると代金がメルカリから振り込まれるのですが、10,000円以下ですと振込手数料210円がかかるらしいです。皆さん(私も含め)いろいろ売って10,000円以上に貯めようか…ということになるのでしょうね。1年はメルカリが預かるらしいですが、これも法律的にグレーではという話もあります。

急成長「メルカリ」にはどんな法的リスクがあるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

ヤフオクなどでは、送金や送り先についてのやりとりに神経を使いますが、メルカリはそれが無いので気楽ではあるのだけれど、メルカリに代金がプールされるという部分については確かに「?」と思いました。

急成長しすぎると、横槍が入る日も近いかもしれませんね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年1月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーンウェル「邪悪」:今度こそ潮時か?」です。

次のブログ記事は「萩尾望都「ポーの一族」の新作続編は1月28日発売のflowers3月号で!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。