10th Anniversary iPhoneなんかが出てきたりするのだろうか。

| コメント(0)

本日気になった記事はこちら。

うわさ:iPhone次期モデルは1000ドルの大台突破、物理ボタンも廃止の可能性 - Engadget 日本版

iPhone 8とされる次のiPhoneの話なのですが、今年はiPhone登場から10周年にあたるため、「5.8インチOLEDディスプレイ採用とホームボタンがなくなる」という噂が実現するとなると、かなり高額なスペシャルモデルになりそうだというお話です。

Macintoshでは20周年の時に、こんな豪華モデルが登場しました。888,000円ですよ。庶民には高嶺の花でした。

アップル、20周年記念Macを発表、予約販売は4月25日より受付

iPhone Xになるかもしれないというスペシャルモデル、果たして本当に今年中にリリースできるのか、単なる噂に過ぎないのか?個人的には 10th Anniversary iPhoneと銘打って、すごいものが出てくると面白いのになと思いマス。(自分が買うかどうかは別ですが。)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年2月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年月刊「みすず」1・2月合併号「読書アンケート特集」」です。

次のブログ記事は「深川えんま堂の閻魔大王。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。