お知らせ:19日は「みかも一箱古本市」に出店いたします。

| コメント(0)

今日は春一番の強風が吹き荒れましたが、動くと暑いくらいの陽気でびっくり。しかし週末はまた元の冬の陽気に戻るようですね。

さて来たる2月19日(日)は、「読書空間みかも/a>」で開催される、「みかも一箱古本市」に出店することにしました。

みかもに出店された方々は、みなさんみかもは良いところだったとおっしゃっているので、ぜひ一度行ってみたいなと思っていました。都落ちまであと18日となりまして、ここで東京関連の本を少しでも処分できれば…という気持ちもあっての出店でございます。

このステキ空間に合う選書にはならないような気がするのですが、まあ参加することに意義があるということで、自分がのんびりしたいと思います。このところドタバタしてますし。中身は東京・江戸関連の本を中心に持っていくつもりです。きっと絵本やガーリーな本の方が合っているんだろうなと思うのですが、あまりその手の本はないと思われます。

すでに、引越しに伴う本の整理を始めています。本の山から持っていく本と処分(捨てるわけではないですよ)する本を選り分けけているところです。結局読んでない本は持っていきたいのですが、読んでいない本だけでもごっそりあり、かと言ってその本たちが新しいマンションの本棚に全部収まるとは到底思えず、今から気が遠くなって来ました。実はブックキープサービスにもダンボール10箱ほど預けてあるのです。うむむ。

いやそんなことより、明日、値段付けしないとなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年2月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世田谷美術館「花森安治の仕事」」です。

次のブログ記事は「夏葉社さんの新刊:尾形亀之助「美しい街」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。