夏葉社さんの新刊:尾形亀之助「美しい街」

| コメント(0)

尾形亀之助「美しい街」夏葉社毎回楽しみにしている夏葉社さんの新刊は、詩集でございます。尾形亀之助「美しい街」。今回も古書ビビ日さんでいの一番に購入いたしました!

今回は詩集です。著者は尾形亀之助さん。正直言って全く知りませんでした、が、なんと宮城県人じゃないですか!大河原町出身だそうです。

静かな時が流れるような詩で、松本竣介さんのすてきな画がぴったりでした。大河原町から大正デモクラシーの時代の東京に出てきて、あこがれの「東京の街」に暮らしていたのですよね。彼にとっての東京はどんな街だったのかなぁ…。

さて、何度か申し上げておりますが、私は文学、特に誌には全く疎い。興味がないわけではないのですが、他に読みたいものがごっそりあってなかなか読めないのですが、夏葉社さんが発行してくださることで、文学や詩に触れることができているように思います。私にとってはいつも新しい発見です。ありがとうございます。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年2月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お知らせ:19日は「みかも一箱古本市」に出店いたします。」です。

次のブログ記事は「「みかもの一箱古本市」でミラクルズにノックアウトされる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。