「みかもの一箱古本市」でミラクルズにノックアウトされる。

| コメント(0)

ずいぶん早く着いちゃった。昨日は多少寒さは戻ったもののお天気に恵まれ、読書空間みかもで行われた「みかもの一箱古本市」に出店してまいりました。そもそもこちらにお邪魔するのは全く初めてです!

車で行くとおそらく20分ちょいぐらいで着くと思うのですが、タクシーというわけにもいかず、バスはステップを登れそうもなく、渋谷経由で電車で行くことにしました。しかし難関が多々アリ。

最近はバリアフリーが浸透し、ベビーカーや高齢者向けにどこの駅でも必ずエレベーターなど何らかの手段があるのですが、まず乗車する井の頭線は、ホームと電車の間の隙間が20cm程もあります。それは日々乗車していて良く知っていた(普通に乗るときもヨイショという感じで隙間を乗り越えてました)ので、いざこの隙間をカートで乗り越えるとなると、車輪がはまってしまわないかと乗車前からドキドキ。仕方ないので乗り込むときだけは、必死にカートを持ち上げて乗車。渋谷駅でもそれなりの隙間でしたが勢いで下車。

次の難関は渋谷駅です。今は東横線の駅が大深度地下で井の頭線からは遠くに移ってしまったため、東横線の駅までかなりの距離があります。地下道は迷路のようで、なおかつエレベーターやエスカレーターが少ないので、一度エレベーターで駅の外に出て、ハチ公前の交差点を横切ってヒカリエへ。まだ朝でしたので混雑も中程度でなんとかなりました。東横線は井の頭線ほどの隙間はありませんでしたが、自由が丘の立体的な駅の構造に、どのエレベーターに乗ったら良いのか多少迷ってやっと改札を出ました。(運搬実況が長くてすみません。いつもこれが心配なのです)

読書空間みかもまでの道は、事前にシュミレーションしてましたので、それほど迷わずに行くことができました。もう入口からしてステキ空間。ダンボールいっぱいのミカンと国産レモンに出迎えられて入場です。

みかもの「くものす洞」開店してます!スタッフの皆さんや一緒に出店される皆さんにご挨拶しながら、小さなテーブルと丸椅子をお借りして出店準備をし、なんとなく11時ごろにスタート。一緒に出店しましたのは、翠光堂さん、ベランダ本棚さん、メッケドリさん、ひな菊の古本さん、よたか堂さん、サルトリイバラさん、Yさん(すみません新しい屋号を失念しました)、廣底珈琲さん、菓子工房桂さん(焼菓子とパン)、レモントリーさん(レモンと柑橘)です。何度か一箱に出店していますと、だんだん知り合いが増えてきました。そこも楽しみの1つですね。


事前の噂通り、古い民家の洋館を利用した場所で、アウトドアの一箱古本市とは全く違った趣です。実はこのステキ空間に私は合うのだろうかと密かに心配しておりました。日頃の趣味がガーリーなものとは対極にあり、選書も少し下町的だったからです。

ここで、ミラクルズが聞けるとは思いませんでした。皆さま、朝から騒がしくてすみません。まず、個人的にお隣のサルトリイバラさんのレコード&レコードプレーヤーに興味津々。実は新居で使うべくレコードプレーヤーを買ったばかりだったのです。ジャズ中心の品揃えというレコードボックスの中に、私の好物のSoulのLPが1枚。なんとミラクルズのLPでした。スモーキー・ロビンソンが抜けた後のミラクルズですが、スモーキープロデュースでマーヴィン・ゲイも参加しているという豪華盤。いの一番に聴かせてもらいましたが、この空間にソウルミュージックが流れるという、他の方には少し申し訳ないと思いつつ、一人堪能させていただきました。


そのほかにも、翠光堂さんご持参の日欧オールディーズのドーナツ盤もたくさん聴かせていただいて、とにかくこれが楽しかった。気持ちは古本そっちのけです。

その翠光堂さんは、こけしも販売されていて、ずっと欲しいなと思っていたこけしを1本。都内の即売会ですと、2,000円とか3,000円の値段が付いていたりしていて買えなかったのでこれは嬉しい!そして絵葉書の箱から雷蔵さんのブロマイドも買わせていただきました。

午後からはお客様も増え、部屋の中はホームパーティーのように、座り込んで話し込む方もおり、本をじっくり選ぶ方もおり、ステキなレコードの音が流れる中、のんびり過ごすことができました。

肝心の古本の販売では、最初にベランダ本棚さんに大量購入していただき、同級生やちくわパンを買いに来た駄々猫などにも買っていただくなど、持っていたた本の半分以上が売れてホッとしました。品揃えが下町的でしたので、この奥沢で大丈夫なのかと内心心配でしたが、結果的にそれが功を奏しました。ご購入いただいた皆様、大変ありがとうございました。

私は次の予定があったので、4時ごろに店じまい。最後にサルトリイバラさんから、あのミラクルズのLPを、私の古本と物々交換(不足分は現金で)して購入させていただきました。今日はもうこの1枚に尽きます。わーい、レコードプレーヤーをセッティングしたら、いの一番にかけたいと思います!

昨日の「みかも古本市」の戦利品。どこが古本?の品々。そして…軽くなったカートにLPを載せて、皆さんにご挨拶して家路に着きました。噂通りの素敵な場所で、久しぶりにのんびりすることが出来ました。スタッフの皆様、一緒に出店した皆様、本当にありがとうございました。東京の良い思い出になりました!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年2月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏葉社さんの新刊:尾形亀之助「美しい街」」です。

次のブログ記事は「引越し大作戦(3):いろんなものが発掘されて…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。