伊藤環さんの正方形の隅切りプレート。

| コメント(0)

伊藤環さんの正方形の白泥隅切りプレート(iPhone Xで撮影)

この形は私には少し冒険だろうかと思いつつ、観慶丸さんの伊藤環 陶展伊藤環さんの四角いプレートを買いました。手に持った感じが、思ったより軽くてびっくりしました。

丸いシンプルな皿と迷ったのですが、深さがあるので汁気の多いものとか、ガサツに多めに盛ってもOKかなと。大きめのプレートがなかったので、やっとプレートらしいプレートが使えます。

伊藤環 陶展前から我が家は食器が貧弱。これまでは、ローソンのシールを集めてもらえるキャラクターもの(以外に多い!)やら、引き出物など頂き物中心のラインナップでした。もらい物って以外と割れないんですよねぇ。気に入ったものはよく使うので割れる確率が高いのかな。引越しの時にも一気に揃えず、少しずつ買うことにしました。

引っ越してきてからは以前より料理をする機会(前より「暮らしている」感がだいぶ上がっています。)が増え、ちょうど良い大きさの器が無いことも多々あり、あるものに無理やりのせていることも多いのでまだちょっと情けない状況です。シンプルに暮らす的な特集では、食器のブランドは揃えましょう…といった指南がよくありますが、全然できてないです。最近少しずつ買っているモノもバラバラですが、いいんです。一度に全部出すわけじゃないですから。

そしてこのお皿、シンプルのようでちょっとデコ、そして若干クニャリとしたところに味があります。下手な料理も、この皿に盛れば良さそうに見えるかもしれないという期待も込めて。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

澁柿は馬鹿の薬になるまいか

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年11月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone X:belkin BOOST↑UP™ワイヤレス充電パッド、快調です。」です。

次のブログ記事は「iPhone X:小さいモノを撮る時にズームの威力が発揮されます!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。