中古車大作戦(8):iPhone用にSmartTap 車載ホルダー EasyOneTouch2設置。

| コメント(0)

SmartTap EasyOneTouch2中古車大作戦の作戦の1つではありますが、iPhone関連のアイテム。

BluetoothでiPhoneの音楽ライブラリを鳴らすことができるようになりましたが、iPhoneは車内のサイドブレーキ脇の小物入れに置いて使っていました。しかし、度々そのまま車内に忘れること数度。やはりiPhoneのホルダーが欲しい…。近所ではあまり気に入ったものが見つからず、結局amazonのベストセラー「SmartTap EasyOneTouch2」を選びました。

SmartTap EasyOneTouch2幅5.5cm〜8.5cmまでのスマートフォンに対応していますが、パッケージに手持ちのスマホを当ててみると確認できるようになっていました。iPhone XやiPhone 8 Plusにも対応しています。

SmartTap EasyOneTouch2
パッケージを開けると2つのパーツが入っています。ゲル吸盤でダッシュボードなどに貼り付けるタイプで、アームが少し長めなのが特徴。


SmartTap EasyOneTouch2吸着部分はこのような様子。かなり強力らしい。


SmartTap EasyOneTouch2真ん中にある丸いボタンのようなところにiPhoneを押し付けると、両脇のアームがiPhoneをパチンと挟んでくれます。外すときは、親指と中指で持っているあたりを押すと外れます。


SmartTap EasyOneTouch2iPhone Xを挟めてみると…コネクタ部分に受けが当たっています。

これではケーブルが差せないと思いきや…


SmartTap EasyOneTouch2
ちゃんと受けの位置を調整できるようなスライドが付いていました。至れり尽くせりです。


SmartTap EasyOneTouch2アームの丸い部分に本体を嵌めますが、この接触部分を含めて3カ所ほど角度調節等で締められるところがあります。ホルダーの可動域などについてはamazonのページに詳しいです。


SmartTap EasyOneTouch2iPhoneの背面からみると、このような形でホールドされます。カメラ部分も隠れないので、いざとなればドライブレコーダー的にも使えそうです。


SmartTap EasyOneTouch2ダッシュボードにつけてみたところ。

もう少し前につければ良かったと思った時には後の祭り。幸か不幸か全然とれませんので、視界の邪魔にもなっていませんし、この位置で使います。画面は非常に見やすくなりましたので、カーナビデータが古くて使えない時にiPhoneに助けてもらおうと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

澁柿は馬鹿の薬になるまいか

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年11月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻市千石町の久円寺「御会式」お囃子のビート良し。」です。

次のブログ記事は「透明kakunoでPILOTのコンバーターを使ってみた。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。