左右社から「幸福書房の四十年」が出版されるそうです!

| コメント(0)

2月20日に閉店してしまう東京は代々木上原の幸福書房さん。何度も言ってますが私が東京で一番好きな本屋さんでした。電車に乗って代々木上原へ行き、ハリッツのドーナツを買って(時にはイートイン)、幸福書房で本を買って(たまにはdishでランチ)帰るのが、休日のスタイルの1つでありました。

おもしろそうな本を見つけ、家に帰って早く読みたいなという気持ちで代々木上原の小田急のホームで各駅停車を待つのは、幸福な瞬間でもありました。あぁ、懐かしい。ほんとうに思い出一杯なのです。

そんな幸福書房さんの本が、左右社さんから出るのだそうです!


本当は幸福書房さんまで買いに行きたい所だけれど、それはちょっと無理なので、なんとか地元の書店で手に入れて買いたいと思います。

幸福書房の店長さんが「本屋をめざす若者へ」という文を寄せているのがこちら。あれからさらに厳しい状況になってきた訳ですね…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

澁柿は馬鹿の薬になるまいか

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年2月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BRUTUS 2018年2月15日号「山下達郎のBrutus Songbook 最高の音楽との出会い方」」です。

次のブログ記事は「アップルの2018年度第1四半期決算は史上最高売上高883億ドルだとか。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。