エアーで不忍一箱古本市。

| コメント(0)

先日4月29日に東京谷根千界隈で行われた、第20回一箱古本市。毎年楽しみにしている店主さんの箱一覧写真が公開されています。

2018年春:店主箱一覧 | 不忍ブックストリート

全部の箱を食い入るように眺めて、あの本が欲しかった…とか、この箱の店主さんは好みだなぁとか、この箱は見習いたいなど、エアーで箱を回ったような気になっているところであります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年5月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏葉社さんの新刊:吉田篤弘「神様のいる街」〜少しデジャブな気持ちに。」です。

次のブログ記事は「今年のGWのレジャーは宮戸島へ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。