WWDC 2018は純粋にOSの発表でしたか。そして次期Mac OSは砂漠名に。

| コメント(0)

Pridewatchface本日未明のWWDC 2018。まだニュース記事を読んだだけでキーノートのストリーミングは観ていませんが、おおよそ新しい各OSの内容の発表だったようですね。ハードウェアの発表がなくて少し残念ではありますが、これが本来のWWDCですから。

それでも、次のMac OS名前は、カリフォルニアの砂漠「モハベ砂漠」からとった名前になりました。これからは山の名前というよりは、カリフォルニアの自然シリーズではないでしょうか。海(湾の名前)もありますしね。

個人的にはWatch OSの新機能が楽しみです。Apple Watch同士をトランシーバーのようにできる機能は、相手が身近にいないので試せなくて残念ですが、ワークアウトの自動検出はいいなぁ。ワークアウト起動しておけば良かった…と思うこと、しばしばあるのです。

あとはどのOSにも言えることですが、Siriがどの程度頭が良くなるかですね。OK Googleに大きく水をあけらてているような気がしますので。

というわけで、今日はさっそく新しくリリースされたApple Watchの虹色の文字盤「プライド」にしてみました。気分一新です。(おそろいのウーブンナイロンのバンドも欲しくなっちゃいました。)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

芭蕉忌に参らずひとり柿を食ふ

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年6月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今夜午前2時よりWWDC 2018のキーノート開始です。」です。

次のブログ記事は「WWDC 2018のキーノート、そして「ただこどもたちのために かこさとし最後の記録」を観ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。