禿山さん(47):アララギ第7巻第1号

| コメント(0)

アララギ第7巻第1号(一月号)

 神 草
             湯本政治

   高山植物を移し栽うべく信濃らの
   高つ嶺のさまに石山を築きて

仙(やま)人の探りて命をのべにけむ奇きしくすりも交らんと思ふ


群山の神のこぞりてことはかる筵の石としける此岩

高山に神つくらしゝこの花を友のこゝろにゆるしけらしも

高山の神くさの花この花に似るべくもなしうつそみの花

山神の息ふきのきりに育ちけむ神々しくも清しこの花

久方の月の光のしむるまゝに育ちけむかもこのみ山くさ

    ⭐︎⭐︎⭐︎

「最近やらないね」と禿山の孫より指摘ありて。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年1月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テニスのグランドスラムの試合をまじめに観たのは久しぶりでした。」です。

次のブログ記事は「QueenのMade in Heavenに聴き入る。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。