次はWWDC2019。Watch OSはまだまだ可能性がありそうで。

| コメント(0)

ゴールデンウィークと令和改元で意識がそれていましたが、来月はもうWWDC 2019です。

Bloomberg:WWDC2019の発表内容を予想 | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

主にソフトウェア関連の発表の場ですから、次のOSがどうなるか…です。


現時点では、Watch OSの話が気になります。なにかまだまだ変わりそうな可能性は一番あるから…でしょうか。

次期watchOSでApple WatchがますますiPhoneに依存しなくなる | TechCrunch Japan

iOSもMac OSも、このところそれほど目新しい機能向上(ダークモードが目玉というのもなんとも)はなく、逆にこの2つが統合されそうな方向です。「パソコン」は、パーソナルでは使わなくなり、主に仕事で使うもの…という方向になっていますから、ビジネスというよりはビジュアル系でどこまで踏みとどまれるのでしょう。

iPhoneの売上も陰ってきましたから、OSとしてのiOS的にもなにか画期的なモノを搭載してほしいものです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年5月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岬書店:島田潤一郎「90年代の若者たち」で平成初期を振り返る。」です。

次のブログ記事は「三つ目のiPhone。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。