大瀧詠一「Happy Ending」初回生産限定盤は“Niagara TV Special Vol.1"付属。

| コメント(3)

今年も3月21日がやってきました。大瀧詠一さんのCDリリースデーです。亡くなられた後も、毎年この日にCDを出し続けてきたNiagaraレーベル。今年は、TVドラマ用に書き下ろされた曲が集められta
「Happy Ending」。初回生産限定盤は「NIAGARA TV Special Vol.1」(今後Vol.2はあるんでしょうか?)が入った2枚組です。

SONY Music Shopに予約していた初回生産限定盤が20日に届きました。今年はデビュー50周年だそうです。


多くがすでに発表済みの曲ではありますが、音源としては全て初出音源だそうです。CDの尺を考えると11曲しかないのか…と少し物足りなさも感じますが、ニューアルバムとして今リリースされたことに喜ばねば!まだ新しい音源を聴かせてもらえているわけですから。ありがたし。

TVドラマ用というところでは、やはり「幸せな結末」がリリースされた時を思い出します。とにかく、大瀧詠一ご本人の久しぶりの新曲ということで、私としてはかなりの衝撃でした。この曲を聴くたびに、そのときの気持ちを思い出します。そのほか、初めて聴いた曲、これまで聴き慣れた曲の別バージョンなど、なかなかマニアックな内容ですが、アレンジや効果音(?!)も良く、楽しめる内容でした。

そして欲を言えば、ライナーノーツがもう少し充実していとうれしかったです。歌詞しかなかった...。これはレコードコレクターズを買え、ということでしょうかねぇ。しょうがないのでamazonでポチっと。

そしてほんとはですね、昔のアルバムのレコードが欲しいのですが、中古価格はどんどん高くなる一方で手が出ません。大人しく手持ちのCDで楽しませていただきます!

コメント(3)

アニメ「かくしごと」のエンディングのアニメーションが良く出来てますので御覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=tOv4k7wmzoE

雄三さん、ありがとうございます。
MXだから見られないなーと思っていました。
こんな感じに使われているのですね。
なかなか良い雰囲気でした!

お役に立てて良かったです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

余所の田へ螽のうつる日和哉

このブログ記事について

このページは、raizoが2020年3月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kenny Rogersさん亡くなる。これも私の80年代ノスタルジーかな。」です。

次のブログ記事は「大阿久佳乃「のどがかわいた」(岬書店):自分の思いを表現する才能。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。