いただきものの一澤帆布のバッグ...その2

Ichizawa200501年末にまた一澤帆布のバッグをいただきました。こんなのです。(前回いただいたのは右側の手提げ)

バッグの内側にはポケットはありません。勝手に、これはDJ用にLPレコードをたくさん入れるためのトートバッグに違いない...と想像しています。ちょうどそのくらいのサイズなのです。手に提げると、地面から10cmほど浮くのでギリギリ提げて歩けます。手に提げられるというところはポイントが高い。背が低いと、地面にバッグの底が擦れてしまうので...。もちろん肩にかけられます。このタイプのトートバッグ、微妙なサイズ違いでいろいろあったそうです。

PowerBook G4 12インチも、インナーバッグに入れてラクラク入ります。縦方向に入れれば17インチまでいけそうです。バッグの底に足がついているので、重たくて辛くなったら躊躇せず地面に着地可能。月に1回、コンピュータ用ストックフォーム(約B4サイズ)書類を持ち運ぶ業務(?)があるので、その時にちょうどよさそうです。

しかし12インチとはいえPowerBookは重い。個人的にはとにもかくにも「軽い」PowerBookを出して欲しいです。G4でもいいんです。どこぞのメーカーのように極薄でなくてもいいのです。とにかく非力なユーザーのためにもう少し軽量化してください。...って、もう明後日発表なんだからできあがっちゃってますよね。

アメリカ製品に軽量化を求めるのは無理なのかなぁ。

トラックバック(1)

みえちの壷 - 一澤帆布 (2005年8月13日 14:04)

今、使っているかばん。 左が小さめトート・赤 右がトート   ・紺 続きを読む

コメント(2)

TBありがとうございます。(^人^)感謝♪
右側のトートはわさび色ですか???
かわいい色ですね。
そのサイズのバックはホント使いやすいですよね。
d(>_< )GOOD!ベリーね!

いただきものなんてうらやましいです☆

みえちさん、こんにちは。
この色は「国防」だったかと思います。
実は、最初色を見て、一瞬「どうかな?」と思ったのですが
使っているうちにすっかり気に入ってしまいました。
通勤の際のサイドバッグとして活躍しています。
A4の書類がちょうど入る大きさなので、
仕事の書類や雑誌を入れるのにちょうどよい大きさです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年1月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新書いろいろ...クレーム対処&ヒエログリフ」です。

次のブログ記事は「MacWorld Expo 2005〜私の期待度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。