iTMS-J:昨夜は混んでましたねぇ

昨夜のエントリーの後、iTMSをそのままブラブラ。結局テンプス(テンプテーションズ)のベストアルバムなんぞを買ってみたところ、ダウンロードにえらく時間がかかりました。USから購入した方が速かったかも。すごく混んでいたようですね。

昨日の日経新聞。朝刊ではいきなり「アップル きょうにもスタート」でしたし、夕刊も1面カラーでジョブズ氏の様子を伝えるし...で、あいかわらすかなりの入れ込みようです。情報はいつも日経新聞から始まったということで、決してガセではなかったことも証明されました。
now and then: 日経みてビックリ!「アップル日本で音楽配信」(2004.11.18)
now and then: こっちのほうが一大事...iTMS日本で8月開始!(2005.6.7)

昨日のテレビ東京、ワールドビジネスサテライトも見ました。音楽配信戦国時代への幕開けということで、アップルのiTMSオープンに伴っての音楽配信にまつわる話題をトップで報道。でもアップルという黒船が上陸してやっと「音楽配信元年」...なんて、もう世界的にすっかり遅れてますね。

「巨人アップル、日本市場への参入」...なんて、「巨人」といえばマイクロソフトだと思っていたので、そんな立派な形容詞、なんだか気恥ずかしくも感じます。

ジョブズ氏も単独インタビューに答え「日本でもNo.1になる」と宣言。しかし音楽会社との交渉では「他国に比べて高い契約金が必要でした。」...って、それは裏を返せば、日本の消費者が、他国に比べて余計に(音楽業界に)お金を払っているということです。

150円については我々が最安値!と自慢していましたが、音楽会社の卸値(?)がアップルによって下げられたので、のきなみ値下げの模様です。
有料音楽配信サービス各社が一斉に値下げ--iTMSの影響強し - CNET Japan

そして最後に、大勢に携帯電話のカメラを向けられながら、テレビカメラにニコっと笑うジョブズの顔で映像は終了。完全にお愛想笑いでしたけど。

昨日のイベントの冒頭で、Macの成長率のグラフが誇らしげに出ていましたが、保守的な日本市場ではシェアを落としていますし、iPodの普及率も、アメリカの70%に対して日本では36%。ジョブズ自らが日本でこの発表を行っていることからしても、アップルが苦しい日本市場での状況をなんとかしようと思っている現れでしょう。

ソニーの不参加については、会社の意地でイジワルするのもいたしかたないところもありますが、BMGがソニーに買収されたのはちょっとイタイですね。かなりソニーに持って行かれたような気がします。ビクター(テイチク含む)さんも早く参加して下さい!(そうすると綾小路きみまろの漫談も購入できます。)

トラックバック(2)

有料音楽配信サービス各社が相次いで楽曲の値下げを発表 続きを読む

8月4日にiTMSがオープンしたわけだが、それに合わせて有料音楽配信サービス各社が相次いで楽曲の値下げを発表した。 ただでさえ成功しているとは云えない国内... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年8月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iTMS-J〜これからが勝負です」です。

次のブログ記事は「伊東屋オリジナル補助軸とMighty Mouse」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。