海洋堂の「ファーブル昆虫記」

| コメント(0)

ファーブル今日セブンイレブンで、またまたちょっと危険なモノを見つけてしまいました。このところボトルキャップには、たまたま付いていたから買ったぐらいの興味しかありませんでしたが、今回は久々に心を動かされました。ムシにはどうも弱い...。
セブンイレブン:ファーブル昆虫記

これはミツカドセンチコガネの観察装置を、ルーペでのぞき込むファーブルです。ファーブルそのものではなく、観察装置が再現されているところがスゴイ。

サソリとヤママユはいらないけれど、ヒジリタマオシコガネは欲しいなぁ。特に梨の形の糞玉が見たい!ファーブル昆虫記のいわゆる「フンコロガシ」の話は、何度も読んだので、なんだか妙に懐かしいような気がしています。実物なんか日本にはいないし、当然見たこともないんですけどね...。

おじゃるのハッピーセット...で、実はこれも結局こんなことになりました。手前真ん中の、貧ちゃんのまわりを、小判と一緒に回るオコ坊ニコ坊がなかなかカワイイです。

バカですねぇ...大人なのに。

now and then: おじゃるハッピーセットとスーパーヨーヨー

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年8月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ernst Haeckelの画集「自然の芸術的形態」」です。

次のブログ記事は「宮城県の地震〜くみこさん無事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。