iPod 5G : 進展していないので、まずは開封報告

| コメント(2)

iPod 5G 電源ON後の様子すみません。iPod 5G(5GバイトのiPodではなく第5世代iPod)については、とりあえず音楽ライブラリと購入したビデオのみ転送して、少し聞いて歩いただけなのであまり進展はありません。Handbrakeで変換して準備していたmp4ムービーは、iTunesには登録できたもののiPodへは転送不可。現在試行錯誤中です。

カラー液晶は初めてですが、苦労して登録したジャケット画像が出てくるのはやっぱりうれしい。次は歌詞の登録をしたいのですが...道のりは長そうです。購入したミュージックビデオ(ただし1本だけ)は、もう何度も繰り返し見ています。思った以上に見やすい画面なので、もっといろいろ見たくなってきますね。ただし、噂通り新しい日本語フォントはちょっと汚いです。メモの文字をみてびっくりしました。デフォルトの日本語の文字が小さすぎます。...というところが本日の感想。

どこのサイトでもやっていますのでたいくつかもしれませんが、本日はあらためて開封報告といたします。

スライドしてboxを開けるパッケージは今までの通常iPodとうってかわって、薄くなりました。今までの立方体も最初はインパクトがありましたが、今となってはかさばるのみ。パッケージはnano並みにコンパクトです。どこから箱を開けるのか悩みましたが、アップルマークのついている側面から引き出しのように開けるようになっていました。

箱を開いたところ箱を開くと本体が右に。左も本体の形に合わせてくぼんでいるところが凝っています。左の部分の箱の中に付属品一式が入っています。この左右に箱を開くという儀式...実物を目にして「わぁっ!」という楽しさを演出していますね。

iPodの付属品付属品一式です。イヤフォン、イヤフォンパッド、Universalドック用の変換コネクタ、柔らかい合皮のケース、USB 2.0のケーブルです。

ケースですよね問題は。とにかく映像を見るなら画面が命ですから、まずは液晶の部分だけでも保護フィルムを貼りたいと思っています。持ち歩き用のケースは思案中。いろいろと出そろうまでは巾着袋でしのぎます。

う〜ん、あとは映像データとの戦いです。

コメント(2)

私も昨日はiPod 5Gへ転送するビデオの変換作業をしていましたよ。
携帯の動画とかデジカメの動画、QuickTimeのHDギャラリーや映画のトライアル映像なんかも変換していました。(ついでにDVカメラのビデオも)
使ったソフトはPodnerとQuickTime Player(当然Proキーあり)ですが、iMovieを使うと変換時間がめちゃ長い。
PodnerでダメだったものはQuickTime Playerで行うと大丈夫でした。
手間はかかりますが面白いですね。

先ほど2chのiPod 動画板も見てきたのですが、画質で言うとやはりQuickTimeが一番らしいですね。いったいいつ終わるのかわからないところが難ですが、当分は地道にQTで頑張ります。

あれこれやってみることが楽しい...というところは同感です!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年10月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「60G iPod white...やっと手元に到着!」です。

次のブログ記事は「iPod 5G : とりあえずなんとか転送!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。