小川洋子「博士の愛した数式」

| コメント(0)
博士の愛した数式博士の愛した数式
小川 洋子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今公開中の同名映画の原作であります。以前いただいたコメントで「癒される」と聞いて読みました。なんだか珍しくすらすらと読めて...そして、本当に癒されました。

読んでいて、博士のまわりの不思議な雰囲気がそのまま伝わってきたような気がします。途中でいろんな出来事があるけれど、なぜかゆったりとしたトーンは終始変わらず、感傷的になるわけでもありません。なんとも言えない余韻が残りますね。読み終わると、数学という学問もなんだか特別にステキなものに思えてくるから不思議です。

そして映画の公式サイトはこちら。
映画「博士の愛した数式」公式サイト

寺尾聡さんがどのように博士役を演じてくれるのか...そこが是非見てみたくなってきました。寺尾さん、最近は年を重ねたせいか、お父さんの宇野重吉に似てきたな..と思うのは私だけでしょうか。

<おまけ>
昨年、京都に行ったときに買ったブックマーク。楽天で扱っているお店を見つけました。持ち歩きには向いていませんが、自宅でじっくり単行本を読むときにぴったりです!
tinブックマーカー キャット&ボビン tinブックマーカー キャット&ボビン

tinブックマーカー ブック&グラス tinブックマーカー ブック&グラス

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年1月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ホテル・ルワンダ」」です。

次のブログ記事は「30th Anniversary Macが出るのかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。