「万年筆の達人」

| コメント(0)
万年筆の達人万年筆の達人
古山 浩一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
趣味の文具箱 Vol.5で発売は知っていたのですが、昨日の新聞広告を見て発売日が過ぎていることを思い出しました。出かけたついでに本屋さんへ直行。どこのコーナーにあるかわからなくて、あちこち探してしまいましたが、店内の検索システムを使ってやっと「工芸本」コーナーで発見!(う〜ん、万年筆ももう工芸品ですか。)

文字通り、筆者の出会った万年筆の達人たちのお話です。万年筆そのものの写真はほとんど無く、全て著者のペン画によって描かれています。現物写真も良いのですが、こうやって精密画が並んでいるのを見ていると、逆に想像力ががかきたてられ、どんな万年筆なのか現物が見たくなります。

たくさんの達人の話を読んで、ますます高級万年筆への意欲がかき立てられております。今はとにかくペリカンの万年筆が1本欲しいんです。どれにしようかな...と考えるだけでも充分楽しかったりしますが、いつか是非、高級万年筆デビューを果たしたいです。

今現在は、これの赤か緑が欲しいなあと考えております。しかしM800では私の手には大きすぎるかも...。
ペリカン スーベレーン M800 万年筆 (黒)/ペン先(F)ペリカン スーベレーン M800 万... ペリカン スーベレーン M800 万年筆

達人の一人として登場した川窪万年筆のブログはこちら。1点モノのオリジナル万年筆も販売されていて、こちらのお店もかなり魅力的です。
川窪万年筆店歩録

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年3月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BOSE Micro Music Monitor (M3)のレビューいろいろ」です。

次のブログ記事は「「気まぐれ古書店紀行」と神保町古本散歩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。