本郷めぐり(3)〜最後はもちろんSCOS

| コメント(0)

芯ホルダーとペン本郷めぐりの最後はもちろんSCOSさん。またたくさん買っちゃいました。

最近ハマリはじめている芯ホルダー。コヒノールの木軸タイプとミニタイプ。そしてLYRAの水性ボールペン。これはインクは全てブルーで、ペン本体の色は店頭在庫は紺・オレンジ・黄色の3色でしたが、私はオレンジを選びました。このLYRAの水性ボールペン「INK-ROLLER」は分度器ドットコムさんで扱っているようです。本当は5色展開なんですね。ライトブルーが素敵だなぁ。
分度器ドットコム : LYRA INK-HOLDER

SCOSさんの芯ホルダー通販ページ
scos : KOH-I-NOOR HARDTMUTH*コヒノール社

LYRAの水性ボールペン家に帰って、さっそくこの水性ボールペンを試し書き...しようと思ったのですが、全然インクが出てきません。あれ、不良品?インクは入っているようだけど...と思ったら、透けて見える軸の部分を見てみると、なにやら万年筆のようなカートリッジが入っています。購入直後はカートリッジはセットされていないので書けなかっただけでした。ホッ...。

Scos Stampandnoteそれから、切手用のストックブックが4色(!)入荷していたので、今回は緑を購入。グラシン紙ポケットのストックブックは、実はなかなか売っていないのです。そして、最近ちょっと気に入っている再生紙のスパイラル方眼ノートの小さいサイズ。このノートはHerlitzのノートで、以前もA4版(というよりレターサイズ?)のものを購入しています。

前回ストックブックを買うの巻は...
now and then: プランタン銀座のSCOS
前回Herlitzのノートを買うの巻は...
now and then: SCOSでのお買い物 : 芯ホルダーとHerlitzのノート

その他コヒノールの鉛筆を3本と、リングファイル用のポケットなど。今回もしっかりお買い物を楽しませていただきました。もちろん実際に使って楽しんでおります!

KOH-I-NOORの芯ホルダー、取り扱いの種類はSCOSさんに比べてグッと少ないのですが、こちらでも購入できますね。
【KOH-I-NOOR】オートマチック芯ホルダー ゴールド 【KOH-I-NOOR】オートマチック芯ホルダー ゴールド

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年6月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本郷めぐり(2)〜「標本は語る。」」です。

次のブログ記事は「フェレンギの金もうけの秘訣Widget」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。