映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました

| コメント(0)

映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラックもう1週間以上前になりますが、久々に映画...といっても娯楽大作「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。公開直後ということもあってやっぱり混んでました。

ダ・ヴィンチ・コード・ファンサイト
now and then: ルーブルで映画ロケ「ダ・ヴィンチ・コード」

同行者(原作未読)の点数は85点でかなり面白かったらしい。私も原作を読んでいて、話がなんだか映画向きだよなぁと思っていたので、娯楽映画としては充分に楽しめました。ラストシーンも映画の方が視覚的に訴えるので感動的だったかも。さすがロン・ハワード。原作を知らないほうが純粋に楽しめるかもしれません。正直言いまして、原作のほうが後半急に話がつまらなくなってがっかりしましたので。

ヌヴーの役の彼女、どっかで見たような...と思っていたけれど、アメリだったんですねぇ。リー先生が出てきたときは、どうもまたガンダルフのイメージが抜けませんでした。トム・ハンクスはイメージが軽すぎるという話もありますが、思ったよりは違和感なし。シラスは怖くてかっこ良かったのだけれど、映画の中では説明不足でちょっと中途半端になってしまって残念でした。なんとなくバチカン側のドロドロしたところが描ききれていなかったような気がします。そして肝心のダ・ウィンチにまつわる謎も、さらっとした触れ方にとどまっていて、謎解き映画というよりはアクション映画という仕上がり。話を短くしなくてはいけないので、いろいろ盛り込むのが難しかったのでしょうね。

見た後は、ルーブルのピラミッドの前に行ってみたくなりました。原作が売れた直後もそうだったらしいですが、この映画、観光効果が高いかもしれませんね。

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セットダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
ダン・ブラウン 越前 敏弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年6月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Delfonics渋谷のLYRA展」です。

次のブログ記事は「ドコモダケが呼んでいる...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。