最近買った新刊本「本日記」など

| コメント(0)
本日記本日記
坪内 祐三


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この「本日記」は「本の雑誌」の連載をまとめたもの。出版社は違うのだけれど、色違いの装丁で「酒日誌」も同時発売中。私は本日記だけにしておきました。連載時にはなかった著者本人による注釈が欄外にあります。一気に読了。この日記に出てくる渋谷...ちょうど時期的に(昔の)大盛堂や旭屋書店がなくなっていく頃です。坪内さんも嘆いていましたが、最近渋谷では本屋には期待できなくなりました。個人的にブックファーストは苦手ですし、パルコ地下のリブロも面積が狭くなり、若者向けの本が中心になって、私にはつまらなくなってしまいました。(やはりパルコPart1の地下と言えば、洋書のロゴスもありますが、私にとってはDelfonicsのあるところ...ですね。)

その他は...左の2冊は古本系ブログで話題になっていたもの。実は早稲田の古書店には行ったことがないのですが、いまや本郷の古書街はだんだん衰退しているようなので、こちらには今後も是非頑張って欲しいものです。3番目は現在公開中のクリント・イーストウッドの映画の原作。ちょっと気になっていたところ、代々木上原の幸福書店で見かけて衝動買い。一番右は新聞広告(私は新聞で気になった本を買うことが多いのです)で見かけ、探して本日記と一緒に購入。日記から拾った小津の読書傾向から始まっていて、これもいわば本の本。最近は本の本ばかり読んでます。
早稲田古本屋街東京の空の下、今日も町歩き父親たちの星条旗小津安二郎文壇交遊録

古本系ブログで話題になっていて、これも幸福書店で見かけたのだけれど、その時は迷って買わなかったのがこの本。本といえないかもしれないけれど...やっぱり買おうかな。

中公文庫解説総目録 1973~2006中公文庫解説総目録 1973~2006
中公文庫編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年11月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江戸坂道散歩:(9) 小日向 服部坂・横丁坂・薬罐坂」です。

次のブログ記事は「江戸坂道散歩:(10) 小日向 荒木坂・庚申坂・切支丹坂・蛙坂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。