大阪のCHARKHA(チャルカ)に行きました

| コメント(2)

チャルカの看板所用があって大阪に行ったのですが、かねがね大阪に行ったらとにかくここだけは行っておきたい...と思っていたCHARKHA(チャルカ)さんに行ってきました。

サイトの地図にしたがって、四ツ橋駅の4番出口を出て、目の前のnewbalance大阪店の次の角を右に曲がってしばらく歩きます。すっかり日が暮れていたので、本当にここでいいのだろうかと途中でちょぴり心配になりましたが、やっとお店の明かりが見えてきました。

チャルカさんの店先お店の前にはお花や緑が一杯のディスプレイ。そうか、お店ではお花も扱っているのですね。そしてお店の中では、クリスマスムードたっぷりのツリーやリースが飾られる中、東欧のキッチン雑貨特集開催中でした。

Charkhalemonadeせっかくなので、喫茶部でレモネードを1杯。コップに自分で炭酸・レモン・ガムシロップを混ぜて入れます。レモンが入っていたのは小さなビーカーでした。次回は是非お昼時を狙ってランチを食べてみたいものです。

Charkahshopping03大阪での記念ということで、東京の雑貨屋さんで見ていつも買わずにいたファブリックの文房具入れやグリッドノート、チェコ色のトリコロールの綿ひもなどを大奮発で購入。

Charkhashopping01-1他には、東ドイツ時代のグリーティングシール、チェコの小さいノート、方眼メモ(ロディアなどと違って、再生紙のペーパーがチープ)などなど。他にも雑紙系のものがたくさんあり、あれもこれも欲しくなりました。荷札も買おうと思っていたのに...忘れた縲怐B

Charkhashopping02そしてチェコの切手まで...ちょっと買い過ぎましたが、楽しかったからイイんです。

これらの商品、チャルカさんのオンラインのショップだけでなく、吉祥寺のsubloさんや渋谷のDelfonicsでも一部扱っています。

チャルカさんの公式サイトによりますと、チャルカ本第2弾『チャルカが旅したチェコのガラスボタン物語縲怩閧イの木の村で縲怐xが12月15日発売だそうです。これも楽しみです。

チャルカ本の第1弾の時のご紹介記事
now and then: チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記

チャルカのブログ
ローリングチャルカ(とうやま篇)

コメント(2)

ツꀀまたもやチャルカです。こんにちは。ついについに店にいらしてくださったんですね。そして大奮発!ありがとうございます。二冊目の本、いよいよ、しあさって発売なんですよ。東京方面ではきっとあちこちで出回るはず....みかけたときは、ぜひぜひ手に取ってみてくださいね。チャルカでは明日から年末まで出版記念の写真展を開催中です。来年のいつか、デルフォニクス渋谷さんでも巡回予定なので、そのときはぜひみにいらしてください。ではでは。

>チャルカさん
再びのご来訪ありがとうございます。
素敵なお店を楽しませていただきました。
実はほかにもいろいろ欲しかったものはあるのですが、これでも自重したのです。
また大阪にいく機会があったら寄らせていただきます!

そして、新しい本もオンラインの本屋さんに注文済み。届くのが楽しみです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年12月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山本 勉「仏像のひみつ」は衝撃的でした」です。

次のブログ記事は「「柳原良平の装丁」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。