海月書林 in カフェひなぎく

| コメント(0)

海月書林からのはがき荻窪のcafe gallery ひなぎくで20日まで行われていた「海月書林の古本雑貨市」に行きました。以前通信販売で海月書林(くらげしょりん)さん発行の「いろは」を買ったことがあり、ダイレクトメールでお知らせが来たのです。

now and then: 海月書林の「いろは」4号

実は初めて訪れたcafe gallery ひなぎく。とても良い雰囲気のカフェで、ゆっくり読書ができそう。時間が無くて一服できなかったのが残念でした。ギャラリーでは「いろは」のバックナンバーや最新の5巻、これまでの「いろは」で紹介した本や雑貨などが販売されていました。

「いろは」の第5号についてはこちらで...
くらげしょりん....いろは

5号の目玉はおじいちゃんの作った封筒だと思います。なんのことだか気になる方は「いろは」を読んでみてください。

海月書林でのお買い物ギャラリーでは、いろは4号で紹介されていた、木版画の絵はがきとしおりと、いろは5号を。海月書林実店舗コーナーからは、読みたかったけれど未読のままだった「牧野植物図鑑の謎」と、クリちゃんの根本進先生著の「まんが」を購入しました。

まんがの中身根本先生の「まんが」は、普通のマンガの書き方本とは趣が違っていて、「まずは自分のたのしみのために」という言葉から始まっています。ページをめくると、まず...ということで、こんなページから始まっています。電話のそばにメモ用紙を置き、初めての人から電話がかかってきたら、どんな顔をした人なのか想像しながら絵を描いてみよう!というものです。思わぬ出だしにちょっとびっくりしました。後半には、クリちゃんの漫画も数編掲載。良い本が買えました!

そして...次回ひなぎくさんに行くときは、是非ゆっくりとお茶を飲みながら読書したいと思っています。

クリちゃんについての過去記事。
now and then: クリちゃん そらいろの本 を発掘!

復刊ドットコムでは引き続き投票受付中です!
クリちゃん「きいろの本」「そらいろの本」「みどりの本」「オレンジの本」ツꀀ根本 進ツꀀ 復刊リクエスト投票

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年3月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「4月15日、NAB2007でAppleスペシャルイベント」です。

次のブログ記事は「江戸坂道散歩:(23) 新宿区 下戸塚坂〜八幡坂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。