ほぼ日手帳2008が届きました

届いたパッケージオンラインで注文していたほぼ日手帳2008が届きました。

Hobonoto2008 2宅配便の包みを開けると、中にはかなり豪華なパッケージが入っておりました。

Hobonoto2008 3箱の蓋をあけるとこんな言葉が...

Hobonoto2008 4中身はこんな感じです。左上から右へ...ほぼ日ストア特典カバー・オン・カバー(透けて見にくいですが...)、プリントカバー「クラシックチェック」、ほぼ日手帳ガイド、下の段に移ってほぼ日ストア特典「旧暦のしおり」、ほぼ日ストア特典メモ帳、ほぼ日手帳本体、そしてここには写っていませんが、ほぼ日ストア特典3色ボールペンが入っていました。

Hobonoto2008 5カバー外側のポケットも使いたいので、カバー・オン・カバーをかけない状態で手帳とメモ帳とおまけのボールペンをセット。ただ、3色ボールペンは好きではないので、実際は使わないと思いますが...。

画面で見るとカバーが少々暑苦しいように見えますが、実際はナイロンカバーなので思ったよりすっきりしたイメージでした。

わ縲怩「、使うのがもったいないなぁ...と思う反面、本の日記なんて続くのか?3日坊主では?という一抹の不安も。現に、8月は10冊読破したのに、9月は5冊しか読めず。読むほうもガンバロウ。

トラックバック(1)

10月5日、ほぼ日手帳2008が届きました。 注文していたのは、本体と 見開きで1週間単位のスケジュール帳、 パイロットのドクターグリップ4+1... 続きを読む

コメント(2)

こんばんは。
TBさせていただきました。
クラシックチェックのカバーかっこいいですね。
今回はカバーは買わなかったのですが、
ちょっと後悔しております。

ツꀀ>yamachanさん

TBありがとうございました。
中身の手帳以上にカバーに満足してしまっておりますが、
初ほぼ日手帳なので、使い始めるのが楽しみです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年10月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Annie Lennox 「Songs of Mass Destruction」」です。

次のブログ記事は「東大の教育用計算機システムはiMac1176台(訂正)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。