サーモスマグで中国茶

| コメント(0)

工芸茶ミッフィー柄のサーモスマグを買ってから、毎日職場で愛用しております。最近は、ベトナムに行った時にコーヒー屋さんでサービスでもらった工芸茶を愛飲。袋を見たときは、このお茶飲むかなぁ...思っていたのですが、中国茶は何度もお湯を注ぎ足して飲めるところが良いですね。

入れる前のお茶の「玉」はこんな感じです。

工芸茶、1煎入れたあと一度お湯をいれると、カップの中で茶葉と花が開くのですが、残念ながら花はお湯を注ぎ足すときしか見えません。本来ならば耐熱グラスで入れるものなんですが...。

一煎目は長く置くと苦味が出るため、お湯を少なめにして早めに飲みきります。二煎目以降は味も少しまろやかになりますし、サーモスマグのおかげてほぼ1日楽しむことができます。この飲みかたが気に入ったので、自宅にいる日もサーモスマグでお茶を飲んだりしています。やはりもう1本ぐらいあると便利かも。


大人気工芸茶6種類12個入りセット 送料無料

THERMOS 真空断熱ケータイマグ カカオ JMK-350 CACTHERMOS 真空断熱ケータイマグ カカオ JMK-350 CAC


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年3月31日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(21)ソメイイヨシノも満開」です。

次のブログ記事は「田中長徳「カメラは知的な遊びなのだ。」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。