「フライターグブック」

| コメント(0)
4757214626フライターグブック
FREITAG lab.ag
アスペクト 2008-03-26

by G-Tools
以前、プレゼント用に買ったことのあるFREITAG(フライターグ)のバッグ。

当時の記事→ now and then: FREITAGのメッセンジャーバッグ
公式サイト(いつのまにか日本語にも対応!)→ FREITAG lab. AG :: Nihongo

そのフライターグの本を読みました!

フライターグの歴史、製品誕生の工程、工場、パッケージ、直営店舗、ユーザー紹介、そしてもちろんプロダクトの一挙紹介など...。まさにフライターグ一色です。ビジュアル的な本としても楽しめると思います。

ちなみに、フライターグ兄弟の弟ダニエルはMacユーザーで、デザイン的なところでMacも大きく貢献していたようです。

最近はフライターグ風の類似品も増えていますが、なんといっても元祖はここ。読んでいるだけで、あの独特のバッグの匂いがしてきそうでした。これを読んだら自分用にもやはり1つ欲しくなりますね。ただ、なかなか「コレ」という柄が見つけられないのが、フライターグのバッグの難しいところです。

  

  

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年10月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:最近入れたアプリ」です。

次のブログ記事は「世田谷区のゴミ出し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。