くみこさんのデジカメ選び2009 その1

| コメント(0)

母であるくみこさん、デジカメは長らくSONYのCybershotを使っていました。最初に手にしたデジカメがこちら。

now and then: CyperShot U-10 オリジナルケース?

当時のソニーの新製品情報
News and Information 本体質量87gの小型・軽量サイズを実現した新シリーズ"サイバーショットU"誕生

このデジカメ、液晶が非常に小さくて見にくい、ボタン類が微小で押しにくいのですが、それでも今でも十分通用する超軽量と、フルレンジオートフォーカスで、意外と何でも手軽に取れるということで、今でもくみこさんお気に入りのデジカメです。荷物を軽くしたい時には今でもこれを持っていくそうです。実際のところ、液晶画面は方向を定めるぐらいの役割で、感覚でパチパチ撮っているようでした。それでもそれなりに写るのがエライ。名機だと思います。でも100画素なので、L版でプリントするには画素数不足でした。

そして程なく入手した2台目は、確かこんなのだったような...
News and Information 充電池持続時間の大幅な向上と、高速シャッターラグですばやく快適に撮影ができる"サイバーショット"Pシリーズ 3機種 発売

乾電池が使えるタイプでしたので、大きくて重いのがネック。しかしお友達に撮った写真を配るには300万画素はないとキビシイので、結局ずっとこちらをメインで使っておりました。

毎年のようにデジカメを買い替える私から見ると、そろそろ買い替えても...と思っていたのですが、さすがに最近はまわりのおばさまというか、おばあちゃま方のお持ちの機種と比べて、古くて見劣りがし、しかも動きの速い孫を撮影するには厳しい...ということで、新カメラを買ってあげる約束をしておりました。

ヨドバシのポイントもそこそこ貯まり、いよいよ約束を果たそうと、予算3万円前後と決めて、いざデジカメ売り場に選びに行きましたが、液晶画面やボタン類が大きいものを選ぶと重たくなり、小さなモノを選ぶと液晶が小さめでボタンが押しにくい...と、どうもその場では選びかね、全社カタログだけもらって帰ってきました。

そして、家に帰ってじっくり機種のしぼりこみとなりました。(つづく)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年6月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マットなiPhoneだと高級感がないような...」です。

次のブログ記事は「今朝の次期iPhoneの噂あれこれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。