日本でのiPhone利用度ニュースあれこれ

| コメント(0)

今朝は、日本でのiPhone利用についてのニュースが目につきました。

まずは、12月10日にインプレスR&Dが発表した統計調査『スマートフォン利用動向調査報告書2010』を取り上げた記事。

元記事
『スマートフォン利用動向調査報告書2010』を12月11日に発売 | インプレス R&D

AppleInsider | Apple's iPhone commands 46% of Japanese smartphone market
iPhone Claims 46% of Japanese Smartphone Market - Mac Rumors

2009年の調査で、最も利用しているスマートフォンとして、3Gと3GSを足すと46%になる...ということです。確かにダントツ。ウィルコム端末はかなり割をくっていますね。私もウィルコムから乗り換えてしまったクチです。Androidはまだしも、Windows Mobileには二度と触らないと思います。

そして、世界のiPhone/iPod touchユーザーの増加率のお話がこちら。ここでは日本の増加率がダントツで300%だそうですよ。最も伸びたのは北米ではなかったという驚きの報告...というところでしょうか。

AppleInsider | iPhone sales grow abroad as Apple carries 38% of mobile traffic

確かに300%という数字はびっくりですが、先程のインプレスの統計をみても、iPhoneだけで確かに昨年の3倍になってます。私も通勤時にiPhoneを使っている方をよく見かけるようになりました。私も含めて並んで座った3人が、みんなiPhoneを手にしている...ということも。

Twitterのニュースや、AppStoreのアプリ開発についてのニュースなど、iPhoneがテレビの画面に登場する機会もグンと増えてきました。やっぱりアプリが一番の魅力ですね。1つのアプリに飽きても、またあらたなアプリを入れて新しい気持ちになれます。iPod+iTunes Store同様に、ハードに加えてコンテンツで稼ぐスタイルを、アップルはすっかり確立してしまいました。

いやいや、ソフトバンクさんもこんなにロングセラーで売れるとは、笑いがとまりませんな。今週も2位・3位!
携帯販売ランキング(12月7日~12月13日):ドコモ冬モデルがランクアップ iPhone人気も変わらず - ITmedia +D モバイル

<本日のAppStoreショッピング>
結局私は「NBA Game Time」のフルバージョンを購入しました。しかし...アメリカ本国との時差の関係で時計がずれ、ライブの音声ストリーミング放送を聞くことができないことが判明!iPhoneの時計をアメリカ本土時間に変更しないとダメでしょうか...。まだそこまでは試しておりません。

気になるチームの試合経過を、クウォーターごとにお知らせするプッシュ機能をONにしていたのですが、職場で何度もバイブレーションの音がブルブル鳴る(NBAの試合は日本時間で昼間)ので、クウォーターごとの音声通知はOFFにしました。通知の方法も、音・メッセージのみ・試合結果のみ・試合の開始だけを知らせる...など、いくつか選べます。NBAファンとしてはうれいしアプリですので、なんとかインターナショナル版として、正式リリースして欲しいものです。

参考:now and then: iPhoneのNBAアプリを試す

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年12月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「THUMB BAG CORDUROY MEDIUM B印 YOSHIDA」です。

次のブログ記事は「PocketMoney クリスマスセールで115円!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。